ワーキングホリデーで海外を知ろう!

ワーキングホリデーの仕組みと注意点

ワーキングホリデーとは二国間で協定を結び、18歳以上の青年が生涯で一度だけ、互いの国で働きながら旅行をすることを可能にした制度のことです。
これは、国際的視野をもった人材の育成と二国間の友好関係の促進というふたつの目的から誕生しました。
日本が初めてこの協定を結んだのは1980年のことで、相手国はオーストラリアでした。
それ以降、協定を結ぶ国は増え続け、現代では台湾からフランスに至るまで十数カ国を数えるまでになっています。
海外で見聞を広めたい若者にとっては非常にありがたい制度ですが、国ごとにそれを利用できる条件が異なるのでその違いをしっかり把握しておくことが大切です。
例えば、制度が利用可能な年齢ですが、多くの国は18歳から30歳までとなっています。
しかし、シンガポールやデンマークでは25歳までです。
また、カナダでは1年間にその制度が利用できる人数の上限が定められており、定員に達すると申請自体ができなくなってしまいます。
また、同じ国であっても手続き方法などは年ごとに変わる可能性があり、具体的な準備を始める前にもう一度確認することが必須です。
さらに、二国間協定を結ぶ国は今後も増えていくと予想されるのでそちらの方もこまめにチェックをしておきましょう。

ワーキングホリデーならお金がなくても海外生活を楽しめます。

「外国で本場の英語を勉強したいけれど、高額な留学費用を支払うことができない」と留学を諦めている学生の方も多いのではないでしょうか。
そのような悩みをお持ちの方に朗報です。
ワーキングホリデーという制度をご存知ですか。
ワーキングホリデー制度を利用すれば、希望する国に入国し、滞在費を賄うため働くことができます。
このため、留学に必要となる高額な資金が用意できなくても、海外生活を満喫することができるのです。
もっとも、広い国際的視野を持った若者を育成することを目的としているため、18歳から30歳までの人しか利用できません。
また、ワーキングホリデー制度を利用して、1つの国に行けるのは原則として1度だけです。
このような制約はありますが、この制度によるビザは自由度が高く、好きな場所に旅行することもできますし、語学学校に通うこともできます。
なにより滞在費をアルバイトによって賄えるビザは、このビザを除いて、ほとんどありません。
査証を受けるためには、日本国内にある、行きたい国の大使館などに申請をする必要があります。
現在、オーストラリア、カナダ、フランス、イギリス、デンマークといった国が日本と協定を締結しています。


pickup



リフォームを若葉区でお受けします


リフォームなら若葉区でお任せください



最終更新日:2020/3/4

『ワーキングホリデー』 最新ツイート

@akizou111

ワーキングホリデーをするなら断然シドニーをおすすめする6つの理由 (1) 多国籍、親日! 暮らしやすい (2) 国全体がリラックスしている (3) すぐ傍に大自然 (4) 多国籍料理がいつでも食べられる (5) 外はまるで動物園 (6) 物価は高いが、お給料も高い

28分前 - 2020年09月24日


@hurry_up_memma

ついにゼロサラリー𝓚𝓸𝓷𝓹𝓪𝓴𝓾𝓼𝓸𝓾𝓲が完成した。これはただの労働ではない。𝓚𝓸𝓷𝓹𝓪𝓴𝓾𝓼𝓸𝓾𝓲の𝓚を名乗る、ゼロサラリー、ゼロホリデーワーキングの道のりは険しかった。 案件ブレンドの改良、何百回もの休日出勤を繰り返し、ついに𝓚𝓸𝓷𝓹𝓪𝓴𝓾𝓼𝓸𝓾𝓲に求めていた労働が完成した。

4時間前 - 2020年09月23日


@kaz_65muw

詳しいことはわかりませんが、ビザ発給の際担当者の方に、ワーキングホリデーはあくまでも「観光メイン」のビザになると念を押されました。 ビジネスのビザには入らないのではないかと思います。 https://t.co/ekOATQMr70

4時間前 - 2020年09月23日